鉄線 -Clematis-

初夏に白や紫の花を咲かせる植物で、鉄の針金のようなしっかりとした蔓を持つことから、この名が付いたといわれています。日本に入ってきたのは室町時代中期以降で、桃山時代の能装束や小袖にも、鉄線を唐草のように表現したものが残されており、江戸時代には俳句などにも詠まれています。

Their white and purple flowers blooms in early summer.
They have impressive solid vines.
They came to Japan after the middle of the Muromachi period, and often appeared in costumes and haiku poem during the Edo period.
Started to be used as a kimono pattern from the Momoyama period.